シウダデメヒコ

3日ほど前から、メキシコシティに来ている。メインの目的はシルクスクリーンのワークショップを受けることである。このブログにも記録している私の曲がりなりに自力でいろいろ学んでいるシルクスクリーンに、ついに、うおおおおおと叫びたいチャンスがやってきたのだ。

以前メヒコのとあるショップで見かけたものすごいパチーッとした印刷のシルクスクリーンの作品を見て衝撃を受けた。便利な世の中なので、それが誰の作品かを調べると、どこで印刷されたのかなんて言うことまでわかってしまったりする昨今。instagramでその印刷した工房の情報を得て、それからそれをフォローしていたのだがある日、「ワークショップのお知らせ」という投稿を見た。詳細は書かれておらず、希望者は直接問い合わせてくださいとのことだった。

早速問い合わせると毎週週末x3回のセッションとのことでオアハカから参加するにはちょっと厳しいなと思ったのだが、遠方の方は毎日連続で受講することもできます、とのこと。それならば、と早速申し込み、オアハカにいたりゅうたろうくんにも聞いてみると、受けたいというので一緒に参戦することに。

出発前日に、生きているサソリを見つけてぎょぎょぎょとなったり、フォトショップでデータをつくらねばならんということでそれをわからないながらちまちましていたら、結局2時間だけしか寝れなかった。いそいそとバスターミナルに出発。

早朝で空気が少しひんやりとしていて今からワークショップを受けに遠くの町まで行くんだということで、わくわくと足取りは軽い。公園ではこんなにも朝早いというのにもうウォーキングをしている人がいるし、メヒコの朝は意外と目覚めが早いことを再確認する。

到着すると一足先にりゅうたろうくんも来ていて、聞くと1時間しか寝ていないという。バスの中で爆睡と思いきや、結局なんだかんだとしゃべっていたら一睡もしないままシウダデメヒコことメキシコシティへ到着。

少し腹ごしらえをして、スタジオに向かった。そこで働いている人の中に私がステイさせてもらう人がいて、金曜日はいないから木曜日に来てくれたらありがたい、とのことだったのだ。バタバタとみんなに紹介されて、そのまま荷物を置いて彼女(ヴィルマさん)について外に出た。

どこに行くのかもわからず言われるがままタクシーに乗ったりなんだりして到着したエリアは、シルクスクリーンや印刷工房に必要なものがたくさん売られた地区だった。メヒコの町は、同じような専門店が一つのエリアに固まっていることは大いにあるのだが、印刷系のものがここまでそろったエリアに来たのは初めてで、興奮しかなかった。あっちを見ても、こっちを見てもTシャツやらインクやら紙やらが売られているのである。

メヒコの印刷用インクといえばこれ、のサンチェスのお店まで行って、もう鼻息は荒くなるし、きょろきょろし続けたかったけど、ヴィルマさんはめちゃくちゃちゃきちゃきと先を急ぐので、あっという間にそのエリアを後にした。

やっぱり、知っている人ときたらこんなにもコアなエリアを知れたりするから面白い。スタジオに帰ってからは、仕事ぶりの見学を命じられた。ワークショップの前に、まずはどうやってみんながはたいているのかを見るのが大事だということで、見ているだけで普段私が家でやっていたことの間違いがどんなにたくあんあったかということを思い知りながら、マエストロたちのその無駄のない美しい動きにほれぼれとするのだった。

しかし、睡眠時間が極度に短く、長旅の後でもあるし、最後のほうは頭が回らなくて、とりあえずいろいろ話したりもしていたけど、ヴィルマさんと一緒に家にたどり着いて、屋台で買ったタコスを食べて、あとは泥のように眠った。そんなてんこ盛りで始まった今回のシウダデメヒコ滞在である。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: