DESIGNS

メヒコTのデザインは現在計13種類!

001 : El Borracho(エルボラチョ) 
elborracho
IMG_2202

ロテリアより。通称「酔っぱらいT」。Borracho(ボラチョ)とは、そのまんま、「酔っ払い」という意味のスペイン語。よっぱらう楽しさを知っている大人が着てもよし、そして、酔っ払いとは無縁の子どもが着ても妙にいい1枚。メヒコTプロジェクトの定番T。(2,500円~)

002 : El Mundo (エルムンド) 
elmundo
054

ロテリアより。El Mund(エル・ムンド)は、「世界」という意味のスペイン語。調べてみると、この絵は、もともとはアトラースというギリシャ神話の神様がモチーフになっている模様。「耐える者」の象徴なのだとか。 このTシャツを着ていると、かなり突っ込まれます。一番のつっこまれポイントは、パンツがものすごくハイレグなところ。写真で見るより、実物を見たときのハイレグっぷりったら。(2,500円~)

003 : La Sirena (ラシレナ) 
lasirena
043

ロテリアより。「人魚」Tシャツ。この人魚のモチーフは、メヒコの民芸品にもかなりよく取り入れられていて、メヒコのフォークアートでも人気の高いデザインです。 メヒコTプロジェクト内では、私の友だちの家族に異常に人気で、家族のユニフォームやん……というくらいご愛顧いただいています。(2,500円~)

004 : El Mundo DX (エルムンドデラックス) 
dx
13925007_557498481106987_3759077718568587542_n

「昔、表と裏がつながったデザインのTシャツを持っていて、それがすごい好きだったんだよね~。」という、友だちの一言にヒントを得て生まれたエルムンドデラックス。

表と裏で”El mundo es uno”というセンテンスになっていて、その意味は「世界は一つ!!」。そして、表の地球儀の地図ではメヒコに色がついているのに対して、裏側は日本に色がついています。実際に地球儀で見たら、メヒコの反対くらいがちょうど日本だったのです。 そして、極めつけは、前から見たハイレグ感からは想像できないくらいかわいいぽてっとした仕上がりのおしり。 前と後ろがつながったデザインは、自信を持ってオススメの1枚。(3,500円~)

005 : Soy Libre (ソイリブレ) 
soylibre
egao

大メキシコ展」を経て生まれたTシャツ。”Soy Libre!”は、「俺は自由だ~!!」の意味。「大メキシコ展」を通じて私が一番感じたこと、それは「自由って面白い!!」。自由に表現すること、自由に楽しむこと、当たり前で単純なことなのですが、意外とできてなかったりするもの。 そして、大メキシコ展の時に、「ルチャリブレ(プロレス)」をメヒコと聞いてイメージするものに挙げた人が多くて意外でした。(2,500円~)

006 : Los Novios (ロスノビオス) 
losnovios
059

大メキシコ展の後に生まれたもう一つのデザイン。Los Novios、「カップル」Tシャツ。 メヒコの死生観に、「死は人生の終わりではない」というものがあります。死者の日というものがあって、亡くなった人たちをしのんで、戻ってきた魂を迎えるという、日本でいうところのお盆のような日なのですが、根底にあるアイディアは一緒なのに、表現の方法が違うと、こうも違った風になるのか、と驚いた印象深いメヒコのお祭り。 ガイコツになっても歌を歌ったり、踊ったり、お酒を飲んだりと、メヒコの死者は陽気です。 きっと、パーティがあるとなれば、こんな風に正装して着飾って出かけるのでしょう。 こんなファンキーなTシャツは他にはないと一押のTシャツです。(2,500円~)

007 : Los Diablos (ロスディアブロス) 
losdiabros
13620939_542651655925003_1677086103878347374_n

再びメヒコにやってきて、市場をうろうろとしていたら、古いロテリアをお店の片隅に見つけた。ほこりをかぶって、パッケージもやぶれて半分あいている。何気なく手に取ってみて、絵を見てみると、これが何とも愛嬌があって、かわいいのです。ぱらぱらとみてみると、今ロテリアの図案54個にはない単語も交じっていて、とても興味深いので購入しました。 そして、家に帰って再びまじまじと見ていて目が離せなくなったのがこの”El Diablo(悪魔)”。今のロテリアには”El Diablito(小悪魔)”として採用されていますが、昔は悪魔だったのですね。でもやっぱりゆるい。これはぜひともTシャツに採用したいと思い、作りました。(2,500円~)

008 : El corazón (エルコラソン) 

img_5604.jpg

オアハカ2年目。この街は「ものをつくる」ことにとても寛容です。うまいとかへたとか、素人だとか専門家だとかは関係なく、全てに人に開かれていて、やってみたいと思ったら、どんどんとその機会が訪れるような気がします。そう、大切なのはやはり「気持ち」なんだなあ、と感じます。その熱い気持ち、コラソンTシャツに込めました。(2,500円~)

009 : El variente (エルバリエンテ) 
elvaliente_02
IMG_2109

ロテリアのデザインの中には様々な人が登場しますが、中でも「おっちゃん」たちは目をひきます。EL VALIENTEは「勇敢な者」という意味です。サラぺを小脇に抱えて鎌を持っているのがどうして勇敢なのかはさておき、いつも勇敢にありたいものだ、という思いを込めてこの図案を採用しました。自分の好きなことにまっすぐに挑んだり、好きなものは好きだと断言してしまう勇敢さを忘れずに行きたいです。(2,500円~)

010 : La luna(ラルナ) 
luna_03

La lunaは絵の通りお月さま。三日月で口をキュッと結んだ強い感じがロテリア中でもひときわ妖艶で大好きな図案です。太陽のように明るい光もいいですが、白い月の光の前ではいろんなものが神秘的に見えて、妙にわくわくしてしまいます。(2,500円~)

011 : La Borracha(ラボラチャ) 
 

メヒコTプロジェクト発足当時から活躍する酔っ払いTこと、EL BORRACHO。そんなボラチョTをメヒコをうろうろしていると「女版はないのか?!」と聞かれる言葉しばしば。というのがきっかけで誕生することになったLA BORRACHA(女酔っ払いT)。ロテリアにはLA BORRACHAは存在しないので、私が思う現代メヒコ女子(腰回り大きめ、ノースリーブ着がち、髪の毛は長く緩くウェーブがかって前髪は横流し)を酔っぱらわせてみました。ボラチョとペアで飲み会に参上すると人気者間違いなし。笑(2,500円~)

012 : COFFEE(コーヒー女の子) 
 

ロテリアからのシリーズではないのですが、私のオリジナルのイラストです。コーヒーが好きなものでよくコーヒーの絵を描くのですが、友だちから「このTシャツがほしい!!」と熱烈な要望を受けてTシャツ化したものです。これを着ていると、なぜかコーヒー好きの人からよく声をかけてもらいます。オアハカのとあるカフェでひそかにユニフォームとして採用されています。(2,500円~)

013 : El Sol(エルソル) NEW!! 
 

La Luna(月)のTシャツをつくってからというもの、いつか作りたいと思っていたEl Sol(太陽)。ペアというとなんだか気恥ずかしいですが、「対(つい)」というとなんだかニコイチ感が出てかっこいい感じがします。ぜひともLa Lunaと誰かと対Tで着てもらいたい一枚です。親子で対になってもよし、カップルと対になってもよし、友だちと対になってもよし。この夏の一押しです!!(2,500円~)


>>COLOR and SIZE CHARTのページへ行く


***Now we have 13 designs.(2,800yen~)  We have international shipping service as well.  Please ask us for more information from here.  Thank you!!

One thought on “DESIGNS

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: