シルクスクリーン・ワークショップをしました!

こんにちは。現実の速度と、記録の速度に時差が生じて、さながら旅中のような今日この頃ですが、先日姪っ子登甥っ子の祖父母向け運動会へ行ってきました。

園長先生の最初の言葉の中に

「撮影した写真はSNS等にあげないでください」

というものがあり、そ、そんな時代か、と驚きつつ。そんな、祖父母向け運動会でもスマホが乱立するデジタルな時代にプリミティブな印刷技術シルクスクリーンのワークショップを行いました! Continue reading “シルクスクリーン・ワークショップをしました!”

Advertisements

家でシルクスクリーン(簡単編)

こんにちは。すっかり久しぶりの投稿となりました。今年のオアハカはめちゃくちゃ暑かったです。今週は曇りがちの日々で雨も降るようになりました。その年初めての強い雨が降ると、土の中から「チカタナ」というめちゃくちゃでかい羽根アリみたいなのが出てきます。それを集めてサルサを作るとおいしいらしいのですが、最近はこういったエキゾチックな食材が観光客などからの注目度が上がっているのだとか。 Continue reading “家でシルクスクリーン(簡単編)”

JAPAN TOURの話

こんにちは。日本に行っていた3月ですが、今回の旅はいつものただの帰国とは違い大きなプロジェクトを引っさげての帰国でした。

「メヒコ人のアーティストを日本に連れていこう!」

と言えばたいそれた感じがしますが、友だちがアーティストだったというだけなので「メヒコ人の友だちと日本をまわろう!」と言い換えることもできます。 Continue reading “JAPAN TOURの話”

2018年第1回注文受付のお知らせ

こんにちは。お久しぶりです。メヒコTプロジェクトのあみです。

 

2018年もあっという間にもう3月。年末からどどどどどっと日が過ぎていっているような感じです。今年もありがたいことにまたメヒコTの注文を受け付けさせてもらいたいと思います。 Continue reading “2018年第1回注文受付のお知らせ”

2018年!!

こんにちは。メヒコTプロジェクトです。

2018年が明けてあっというまに1週間がたちました。2017年もメヒコTプロジェクトを温かく見守っていただきありがとうございました!!おかげさまで、まだまだプロジェクトを楽しませていただいています。今年もメヒコTプロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします。 Continue reading “2018年!!”

2018年カレンダー、完成!!!

意気揚々とつくり始めた来年のカレンダー。

「もう作るって言うてもうたもんなぁ……笑」

くじけそうなときはそう自分に言い聞かせながらちまちまと作業を続けていました。そして!!この度ようやく完成に至りました!!!(最初の数部ができたばっかりなので、まだプリントは続くのですが。) Continue reading “2018年カレンダー、完成!!!”

カレンダー2018予約開始のお知らせ

今年の毎月の楽しみの一つに、自分で作ったカレンダーをちぎって新しい月を迎える、というのがあります。

そう、自分でカレンダーを作ろう!と思い立った去年。結局カレンダーが出来上がったのは年の瀬も瀬、だったわけですが、版画をすべて自分で刷って綴じて作ったカレンダーはやはりめちゃくちゃ愛着がわき、今年を共に過ごしているわけです。 Continue reading “カレンダー2018予約開始のお知らせ”

メヒコのシルクスクリーンマスターに会った。

こんにちは。久しぶりの投稿です。(昨日途中まで書いていたのに全部消えてしまうというまさかの、というよりはむしろありがちなトラブル。もう力尽きたのであきらめました。)

オアハカに再び戻ってきて早一か月くらいが経とうとしています。日本にいても、メヒコにいても剛速球で日々が過ぎていくので待ったなしだなぁ、としみじみ感じてしまいます。さて、最近は活版印刷所に通う日々です。オアハカで版画やシルクスクリーンといったプリントのことにかかわるにしたがって、いよいよ気になっていたのが「レタープレス(活版印刷)」なのですが、このレタープレスが急に近づいたのが今回の日本帰国でした。 Continue reading “メヒコのシルクスクリーンマスターに会った。”

そして失敗が始まる。

こんにちは。日本、暑い。

口を開けば暑いと行ってしまうこの暑さ。気温を聞いたら35度や36度で、オアハカでもそんな気温になる時あるのにな、と思いきや湿度が違うのです。湿度が高いとこんなにもねっとりと体にまとわりつくようないやな暑さになるのだなぁ、と朝方寝苦しくて起きてしまうたびに思います。 Continue reading “そして失敗が始まる。”

劇団Tシャツ

こんにちは。メヒコTプロジェクトです。

Tシャツの注文を開始しつつ、メヒコでのTシャツプロジェクトについて記録しておきたいと思います。

「できると思う」と言ってしまったのは、白いインクだけではないのです。「黄緑のインクもできると思う」と言ってしまったのです。私が自分で刷ったTシャツをニヤニヤといつも普段着としてきているものなので、私がどうやら「シルクスクリーンをするらしい」というのが職場でも知られているのですが、ある日同僚が

「Tシャツ作れる?」 Continue reading “劇団Tシャツ”

プリントを頼まれた話。

私は、もともとTシャツが好きなので、よくTシャツを着ています。これは別にメヒコTを作り始めたからそうなのではなくて、高校生くらいの時からバンドTシャツが好きだったことにはじまります。大抵黒地に印刷されていて、丸首は詰まっています。洗濯すればするほどプリントにヒビが入ったり剥がれたりしていたのも、今思えばシルクスクリーンで作られていたに違いないと、誰かがシャーッ、シャーッ、とスキージー(プリントする時に使う道具)を引いていたのかと思うと、妙に感慨深くなります。なぜなら、難しいからです。しかも多色刷り。それなのに、きっと何百枚も何千枚も作られていたんだろうなぁ、と想像するにつけ全く感心するばかりです。今思い出しても、オフスプリングとレディオヘッドのTシャツはかっこよかったなぁ……。あと、ザバックホーンの白地に赤子みたいな顔がドーンと描いてあったあのTシャツもかなり気に入ってよく着てたなぁ……。

さて、小話はこれくらいにしておいて、今日は備忘録をば。 Continue reading “プリントを頼まれた話。”

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: